ムー

雑誌ムーの最新号に久しぶりに「予言」なるものを見つけて本屋で立ち読みする。第3次世界大戦だそうだ。根拠は聖書とダニエル書らしいが眉唾だ。確かに中東も極東も火種があるが、それが大きな大戦につながる気配はないと今は感じる。私も子供のころにはこの手の本がちょっと好きで、興味本位に買ったことが数回あるが、まったく内容はひどいものだといわざるをえない。真摯な探求者は無視するのがいいだろうと思える。

 

しかし極東有事は現実味がある。北朝鮮は危ない。トランプは強気だ。どうなるかはまだわからない。最終決断はいつされるのだろう。武力行使の可能性はあると思える。日本も標的になる可能性は排除できない。ともかくトランプの決断次第だろう。

 

北朝鮮はあまりに危険すぎる。